車のドライブの楽しさ

車のドライブの楽しさとは運転そのものです。近年における交通事故の悲惨さゆえに車の所持が問題視されてしまうケースが多々ありますが、そのマイナスのポイントとともにドライブだからこそのメリットがあります。その1つが運転で、自分の力で好きな場所に自由に行けること自体素晴らしい事です。

勿論同じ意味合いでは電車やバスといった公共交通機関にも当てはまりますが、車のドライブと公共交通機関には他人の存在という違いがあります。この他人の存在は違いという意味で大きいです。

あおり運転が社会問題化

最近はあおり運転が社会問題化しています。当たり前ですが、公共交通機関であればマナーがあります。何よりも他人に気を遣って移動しなければなりません。車にもマナーがあるものの、それは運転上のルールであって車内では自由に振る舞えます。限度はありますがコーヒーや紅茶を周囲を気にせず口に出来たり、同乗者がいれば気兼ねなくお喋りを堪能出来たりなど様々です。すなわちプライベートの空間の有無が公共交通機関と車との違いで、後者はともかく、前者であればリラックスできるのは当たり前と言えます。例えばコンビニに出かけた際に車で行けば買い物の購入後、車内で食べ物を口にできるのは簡単です。
この自由度の高さは時間にも当てはまります。

公共交通機関には指定された時間に乗車しなければならず、もしも電車の本数が少なければ自然と時刻表の時間は限られていくのが実際のところです。多ければ多いほど負担はありませんが、少なければその時間に絶対に向かわなくてはなりません。些細な事ではあるものの、これがストレスになってしまいます。例えば旅行中に観光していたとしても時間を気にしてしまいますが、車で移動すれば寄り道できるほどに行動の制限がないです。

車こその楽しさ

それにドライブはちょっとした旅行もできます。公共交通機関なら1時間かけても目的地は同じですが、車での移動なら1時間かけて遠出も可能です。高速道路の利用がそれで、1万円かけて地方都市に行くよりも自分の車で出かけたほうがコストも抑えられるうえに充実感も得られます。この充実感は大切で、何しろ生きていく元気に繋がるからです。

元気は人間を幸せにする力とともに、他人に優しくできる効果もあります。こうした活力を維持するのは難しいですが、ドライブで楽しさを覚えてしまえばあっという間に活力を取り戻すのが可能です。
好きな場所を目指して好きな時間に車を走らせる、たったそれだけでも幸せと楽しさを味わえます。

関連記事

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る