自動車事故を起こさない運転

自動車事故が起きれば、時として大勢が亡くなることがあります。たとえ、命は助かっても手足を失ったり、一生治らない後遺症に悩まされるかもしれません。そんな悲劇を少しでも減らすために、やらなければいけないことは運転ミスが起きないようにすることです。

運転ミスの原因を突き詰めていくと、運転に必要な3つの要素にあることがわかります。まず認知ミスですが、左折時に巻き込み事故を起こしたり、交差点を横断中の歩行者を撥ねたりと周囲の状況を把握できないことが原因の事故です。これを減らすためには、周囲に目を配るのはもちろんのことですが、死角になる部分を確認できる補助ミラーや、居眠りや脇見運転をしたときに警告音がなるカメラを取り付ければ安全に運転ができます。

次に判断ミス、つまり信号がまだ赤にならないと思ったけど間に合わなかった、十字路を曲がるときに誰もいないだろうとスピードを出すといったことで事故になります。判断ミスを無くすためには、その前段階として周囲の状況を把握する認知を正しく行うことが大切です。そして、自分に都合の良い結果が起きると考えてはいけません。他の自動車や歩行者は、どのような動きをするのかわかりませんから、ブレーキを踏める距離を確保したり、判断に迷うところではスピードを出さないように心がけるようにします。事実とは違う思い込みをなくせば、この点は問題ありません。

そして操作ミスですが、よくあるのがブレーキをふもうとしてアクセルを踏んでしまうことです。テレビや新聞で騒がれるニュースでは、高齢者がよくそういう操作ミスを起こしているように見えますが、若い人でもパニックになれば操作ミスを起こします。これを防ぐためには、運転の経験を積むことはもちろんのこと、体が思う通りに動くようにしなければいけません。体が衰えて足や手が動かないことで操作ミスが起きることから、筋トレは意外と効果的な改善方法です。また、自動ブレーキ機能を自動車に搭載することが義務化されようとしていますが、そういった機能で自動車事故を減らすことができます。

あとは、これらのミスを起こしかねない人は、運転をしないほうがいいというのも重要です。寝不足気味の人、お酒を飲んだ人、認知症の恐れがある人などです。飲酒運転は法律で禁じられているので問題外として、寝不足気味の人は、本人しかそれがわかっていませんから、無理をしてしまう可能性があります。その状態がどれだけ危険なのかを理解し、休めるようにしなければいけません。あと認知症の恐れがある人は、周囲の人が止めることも必要です。事故が起きないように免許の返納も検討したほうがいいです。

関連記事

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る